田所あずさ – スペクトラム ブルー (Sepctrum Blue)
Genre Pop

LYRIC
スペクトラム ブルー (Sepctrum Blue)

田所あずさ「スペクトラム ブルー」歌詞

私は小さなノイズ 行くあてのない
ひとりきりでいたいのは ちゃんと迷いたいから
報われないな 投げ出したいな 飛星につながれ
深みに足をとられて 急げない

滲んだパノラマ 宙吊りの景色
ああもう こんなふうで 相応しくない

迎えに来ないで 掠れた声すら失って
いつものように 輝く隔たり
君の凪いだ海も 涙の秤
ひとりの部屋 意味の無い星 生きられるほど 私は強くない

私がもし線に見えたとしても
折り畳まれた場所に これまでが拡がる
抱え込んだ靄から星雲が 立ち込める空に
私の頑なさが 煌めくの

Into the sky & ocean blue
Getting lost in the twilight world you know? this interlude
また失くしたもの 数え上げて
So let us think solitude and loneliness separately
君もきっと ひとりでゆくから
寄り添うときに 何も言うべきじゃないこと
穿たれた穴は 言葉じゃ埋められない
隣に立ってる でも遠くで待ってるから
きっとちがうよ 孤独の空は 淋しさのフェイクじゃない

また君に届かない 青い光 振えて散って
風に積もって 憧れのまま
決して応えないで 閉じた肌に 触れるプリズム

迎えに来ないで 掠れた声すら失って
いつものように 輝く隔たり
君の凪いだ海も 涙の秤

街に孤独が 意味の灯りが無くても良いよ 私は 弱いかな

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *